NEWS新着情報

社員コラム

2020.07.06(月)

社員コラム

不思議な蕎麦屋

皆さま、こんにちは。
西日本営業所の松下です。

自粛期間中はいかがお過ごしでしたでしょうか。

今回、大阪の営業回り中に同僚の河野と
上司にかねてからオススメされていた蕎麦屋に行ってみました。

そもそも大阪はうどん圏なので蕎麦を食べる文化が少なく、店自体も少ないです。
私も生まれは関西ですが、幼少期、蕎麦屋に連れていってもらった記憶はなかったです。

大阪の蕎麦屋ということで珍しいなと感じながらお店へ!

場所は南海本線堺駅より10分ほど。
建物と室内は、昭和を感じさせる雰囲気
創業はなんと元禄8年ということ。

堺市の歴史も紹介されていました。

稼働はしていませんでしたが、自家製の製麺機でしょうか。

お品書きはシンプルにせいろそば1斤と1.5斤のみ。
2人とも1.5斤を注文。

こんな感じで2人前が到着。

卵を溶いた中に薬味と出汁を入れて、蕎麦をいただきます。
蕎麦は、熱盛りで太めの柔らかくもちもちした麺で、
歯ごたえがある蕎麦を好みの方は物足りないかもしれません。

出汁ですが、徳利に入って出てきました。
この徳利が非常に熱く、触れられないほどの温度でした。
味付けはこんぶが香る濃いめ出汁。これも関西では珍しい色、味ともに濃い出汁でした。
余った出汁は最後、蕎麦湯でいただきました。

これも関西では珍しい色、味ともに濃い出汁でした。
余った出汁は最後、蕎麦湯でいただきました。

蕎麦自体は好き嫌いが分かれると思いますが、出汁は非常に美味しかったです。

関西では珍しい不思議な蕎麦屋でした。
ご興味のある方がいらっしゃれば、大阪まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

TO PAGETOP