PRODUCT製品案内

全自動比表面積測定装置Macsorb®

Macsorb®の概要

全自動化による操作性の向上・測定精度の向上

全自動BET比表面積測定装置Macsorb®は、PCによるダイレクト制御と、全ての工程の自動化により迅速かつ高精度の測定が可能となりました。
また、様々なオプションユニットを後からでも必要に応じて容易に取り付けが可能となっておりますので、お客様の運用環境にマッチした装置構成を構築しやすくなっております。

–>

仕様

Macsorb® HM model-1200シリーズ共通仕様

計測器本体
測定原理 BET流動法(1点法/多点法オプション)
測定範囲 0.01~4000㎡/g(サンプル特性による)
測定精度 再現性±1%(サンプルによる)
使用ガス 1点法測定時:純窒素 及び 混合ガス(窒素30%+ヘリウム70%)
多点法測定時:純窒素 及び 混合ガス(窒素10%+ヘリウム90%、窒素20%+ヘリウム80%、窒素30%+ヘリウム70%)
※これ以外のガスでは測定不可
脱気温度 最大400℃
寸法 W310×D600×H570(計測器本体のみ)
重量 約30kg(計測器本体のみ)
計測器本体
PC本体 OS : Microsoft Windows 7/8/10 が動作するPC/AT互換機(32/64bit両対応)
※Windows7/8でご使用の場合は、Windows Updateで最新の更新プログラムをインストールして下さい。
CPU : OSの要求する試用に準ずる (1 GHz 以上の CPU)
RAM : 2GB 以上を推奨
内蔵ハードディスクに最低200MB以上の空き領域が必要
制御・解析用ソフトウェアインストール時にCD-ROMドライブが必要
計測器本体との通信、ライセンス認証用ハードウェアキーにUSBポートが2ポート以上必要
(オートサンプラー使用時は別途RS-232Cポートが必要)
モニタ 17インチスクエア型ディスプレイ(標準)/ ワイドディスプレイ(オプション)(サイズは要相談)
ディスプレイ分配器対応可能(オプション)
プリンタ インクジェット(標準)/レーザー型(オプション)

Macsorb®HM model-1200シリーズ仕様比較一覧表

型式 HM model-1201 HM model-1208 HM model-1210 HM model-1220 HM model-1230
測定原理 BET流動法(1点法/多点法)
測定範囲 0.01~4000l/g(サンプル特製による)
測定精度 再現性 ±1%(サンプルによる)
測定時間 約10分/1検体(前処理を除く)
使用ガス 1点法測定時:純窒素 及び 混合ガス(窒素30%+ヘリウム70%)
多点法測定時:純窒素 及び 混合ガス(窒素10%+ヘリウム90%、窒素20%+ヘリウム80%、窒素30%+ヘリウム70%)
※これ以外のガスでは測定不可
連続自動測定検体数 1検体 8検体 10検体 20検体 30検体
オートサンプラー 8検体 10検体 20検体 30検体
L2自動供給 オプション オプション
寸法
(本体+AS)
W310×D600×
H570
W610×D750×
H570
W610×D750×
H570
W810×D850×
H570
W930×D900×
H570
電源 100V, 50/60Hz 2A 100V, 50/60Hz 4A 100V, 50/60Hz 4A 100V, 50/60Hz 4A 100V, 50/60Hz 4A
多点法測定 オプション

※お客様のご要望に応じたMacsorb®専用オプションユニットもございます。随時ご相談ください。
※本製品はお断りなしに仕様を変更する事がありますのでご了承ください。

その他

Macsorb®のラインナップを見る

Macsorb 1201

Macsorb 1208(1210)

Macsorb 1220

Macsorb 1230

TO PAGETOP