PRODUCT製品案内

PUCコロイドミル

PUCコロイドミルの概要

液状からペースト状にいたるさまざまな処理物を粉砕・分散・均質化・乳化。
粉砕ギャップ調節機構により粒度調整が可能です。

PUCコロイドミルは、特殊加工が施された円錐台形状のロータとステータの組み合わせからなり、ステータの内側でロータが高速回転します。
ロータとステータは吐出口に近づくにつれて狭くなるように異なるテーパとなっております。
処理物は、吐出口に近づくにつれて狭くなるリング状の間隙で、強力なせん断、圧縮、衝撃を繰り返し与えられ、微細化されます。

ロータとステータは用途に応じた形状を用意

ロータとステータの形状は用途、処理物に応じ選択できます。
微細化処理に適したクロスカット(K)から、高粘度物処理に適したストレートカット(DU)まで様々な粉砕歯をご用意しています。

粉体の連続溶解が可能

ロータとステータの間隙すなわち粉砕ギャップは高精度加工により、最小40μmまで狭めることができます。ステータの位置を軸方向に動かすことにより、ロータとステータの間隙を自在に調節することができます。特に粉砕・分散用途においてはロータとステータの間隙部での粒子同士の同体摩砕効果により、粉砕ギャップ以下の微細物を得ることができます。

–>

仕様

PUCコロイドミル仕様

ロータ・ステータ材質 AISI 316 Ti AISI 440 B 他
接液部材質 AISI 316 Ti AISI 304 他
軸シール ダブルメカニカルシール、シングルメカニカルシール、リップシール
オプション 加熱・冷却ジャケット、詳細目盛
特殊仕様 高速回転対応機

※本製品はお断りなしに仕様を変更する事がありますのでご了承ください。

TO PAGETOP